副腎疲労は存在しない?

2016年にこれまでに行われた「副腎疲労に対する研究」の有効性を見直す試みが行われたようです。

その結果、58の研究を対象に見直しが行われ、

1.調査のフォーマット

2.記述方式

3.疲労測定

4.コルチゾール測定

5.前提条件

6.結論の出し方

という項目に不適切性があるとして、

「現時点では副腎疲労は存在しない(迷信である)」

と報告されました[1]

このサイトの存続を左右しかねない結論です(苦笑)

ただ「現時点では」という条件がつくのと、コルチゾールと疲労の関係が否定されたわけではない[2]ので、今後新たな研究で正式に「副腎疲労」の存在が認められるか、もしくは別の病名がつけられるのか、のいずれかでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク