神経学的に見た副腎の障害

副腎に起こる障害は、神経学的に見た場合、どこか別の場所でもなんらかの問題が起こっていることを示唆しているらしい。

過剰なコルチコステロイドはクッシング症候群を通して筋肉を減少させる一方で、副腎の働きが悪いと疲労やうつ症状につながる。

副腎髄質の機能不全はカテコールアミンの過剰な分泌、もしくは不足を生み、血流の異常をもたらす。

んー、じっくり見てみたけど、この情報[1]は副腎疲労とはあまり関連性がなさそうだ・・・。

スポンサーリンク