【体験談】思考がまとまらないあなたへ ブレインフォグへの最終兵器「アルファGPC」

ブレインフォグの解消法

そう、思い出しました。
頭が働いている感覚ってこうだったなって。

 

「アルファGPC」というサプリメント、あなたは知っていますか?
もしまだ「アルファGPC」を知らなかったとしたら、今日は人生最大級の転機となるかもしれません。

 

アルファGPCとは?

1.細胞膜を新しく

アルファGPCとは「alpha-glycerophosporyl choline」の略です。これではちょっとなんのことだかわかりませんね。

 

以前別の記事で触れたホスファチジルセリンと同様に、アルファGPCは脳細胞膜の代謝を促す働きで[1]、脳の認知機能を高めるとされています。

 

2.アセチルコリンの原料に

しかしアルファGPCの特筆すべき点はそこではありませんでした。

 

アルファGPCは神経伝達物質「アセチルコリン」の原料となり[2]、神経伝達をスムースにする潤滑剤としての役割が大きいと考えられています。

アルファGPCがアセチルコリンの原料となるのは、ホスファチジルコリンやレシチンなどその他のコリンソース(コリンを体内に供給できる栄養素のこと)と同様です。

 

アルファGPCがその他のコリンソースと異なるのは、「血液脳関門」と呼ばれる脳の保護膜をコリンソースの中で唯一通過できる[3]ことにあります。

脳の細胞にたどり着く前に一度体内で分解され再度合成される必要のあるその他コリンソースに比べ、アルファGPCはこの性質のおかげで素早くかつ効率的に栄養素を脳に届けることができてしまうのです。

 

アルファGPC自体は母乳にも含まれる成分。成長ホルモンの分泌を促す働きがあり[4]、日本ではこどもの発育を促すために使用されることも多い模様。

 

アルファGPCを試してみて

やはり一番気になるのはこのアルファGPCがどれくらい体感できるのか?という点です。

 

アルファGPCを飲んでみた

私は「ホスファチジルセリン」を過去に試し、その効果を実感したことから、脳の働きを高める同類のサプリをいくつか試すようになりました。これらサプリはスマートドラッグと呼ばれることもあります。

 

スマートドラッグといっても聞きなれない響きですが、海外では確立されたサプリメントのジャンルとなっています。アメリカの権威ある情報誌「ハーバードビジネスレビュー(Harvard Business Review)」においてもスマートドラッグが取り上げられ、欧米最難関大学(Ivy League)の学生のおよそ20%がスマートドラッグを使用しているとの調査結果を公開しました。
出典:Harvard Business Review

 

何の気なしに試したサプリメントの一つが、アメリカで人気の高い「アルファGPC」でした。購入時点でアルファGPCとしてはもっとも価格の低かったNOW社のアルファGPCを選びました。

 

 

ボトルに書いてある用法に従い、一日一回朝、600mgにあたる2カプセルのアルファGPCを食事と一緒に摂ります。

 

これまでマルチビタミンからスマートドラッグまで、多くのサプリを試してきましたが、その多くが効果を実感するものではありませんでした。今回もそんなに期待はしていませんでした。しかし。

 

「ん?」

 

30分ほどして”なにかが違う”のを感じ始めます。
でも、なにが違うのか分からない。もうしばらく様子を見てみることにします。

 

「え?」

 

もう30分ほどすると、
頭の中にあったもやもやがすっきりして、なぜか活動的な気分になっています。

 

調べてみて納得しました。
アルファGPCはやる気のもとになるドーパミンを出やすくする[5]ために、気分にも変化が現れたのです。

 

記憶力を試してみる(名前)

ためしに普段よく忘れる会社の同僚の名前を順番に思い出していってみます。
I田、O野、S木、I藤・・・

 

「えっ?みんな思い出せる!」

 

かれこれ40年弱、名前を覚えられないのは、もうどうしようもないと思っていました。
今日からは

 

「あの人はすごい、一度会った人の名前を覚えてる」

 

って言われるかもしれません。

 

というのは冗談で、全員というのは言いすぎです。
一度会った全員の名前を覚えられるなんてことは、これまでも、この先も、私にはないと思います。

 

しかし、思い出すことの少ない別の部署の同僚だったり、前の職場で仲良かった人たち(もう5年は会っていない)の名前がスッと頭に浮かんだのはいつもと違う感じがしました。

 

また同時に驚いたのは、普段覚えることの苦手な芸能人の名前が思い出せたことです。
正直芸能人の名前が思い出せないのは、芸能人に興味がないからだとばかりに思っていました。
アルファGPCをとってみて分かったことは、芸能人の名前は頭のどこかに記憶されてはいるけど、その記憶を呼び出すことができずにいるということでした。

 

ちなみにこのあと2桁同士の数字の足し算・引き算を暗算するゲームもやってみましたが、こちらも快調にこなすことができました。

 

アルファGPCが人生を変える?

人によって生活習慣が違いますし、不足している栄養素も異なるでしょうから、アルファGPCによって必ずしも効果が得られるとは言えません。

 

しかし、ブレインフォグと称されるように、常に頭がすっきりせず考えがまとまらないとか、以前と比べ明らかに単純計算や物事の記憶ができないといった場合には、まず初めに試してみるだけの価値があると思っています。

 

というのは「アルファGPC」ほど即効性を感じたサプリメントに、かつて出会ったことはないからです(後日談ですがNACという素晴らしいサプリメントにも出会いました)。

 

これまで数多くのサプリメントを試してきましたが、正直なところ大半にはほとんど効果を感じられず、どれだけ無駄なお金を費やしてきたのでしょう・・・。
最初から効果のあるサプリメントに巡り合うのは本当に難しいものです。

 

アルファGPCはamazonのレビューを見ても、効果を感じている方が多い印象はあります。

 

欠点はランニングコストの高さ?

ここ最近の円安傾向のせいでしょうか。アルファGPCの価格がじりじりと上がっきています。

 

2017年春時点のamazon価格が1ボトル(60カプセル入り)で約2,700円。
一度に2カプセルを飲むので、ちょうど一か月分です。
2個セットなら多少安くなり1個当たり2,300円くらいになります。

 

一方で別に送料こそかかりますが、その他のサプリを含めまとめ買いをするのでしたらiherbの方が安いタイミングもあります。
これまでの経験から、iherbとamazonの2つさえチェックしておけば、最安値をおさえられるでしょう(ここ最近のamazonの価格競争力はすごい)。

 

アルファGPCまとめ

血液脳関門を通ることのできるアルファGPCは即効性のある脳の栄養素です。
かつてのような頭の回転を即時にとりもどせる可能性があります。

 

私の場合、頭が働くということをぱっと決断できることでも実感できました。
迷ってしまってなかなか決められないのは、脳の栄養素が足りていないことも理由の一つだったわけです[6]

 

 

 

ブレインフォグについてはこちらでも解説しています:

頭のモヤ? 深刻な思考力低下? それブレインフォグですけど(要因編)
「ブレインフォグ」という言葉があります。 脳の働きが低下している状態を示す言葉として徐々に浸透してきているものの、まだまだ馴染みのある言葉ではありません。 ブレインフォグについては情報が不足しているのが現状です。 その「ブ...
頭のモヤ? 深刻な思考力低下? それブレインフォグですけど(7つの対策編)
思考力を低下させて生活の質を著しく落としてしまう「ブレインフォグ」。この記事ではその悩ましい「ブレインフォグ」&

 

ブレインフォグの根本原因である「副腎疲労」についてはこちらで解説しています:

医者も知らない「副腎疲労」について知っておくべきこと
隠れた現代病である「副腎疲労」。 「副腎疲労」とはいったいなんなのでしょうか。 かつて私はこんな症状に悩んでいました。 「なんとなく毎日つかれてるけど、病名がない・・・」 「頭にモヤがかかっているようで集中で...
「副腎疲労」治療の最前線!結果を出すためのかんたん3ステップ
「副腎疲労」の何が辛いかというと、「誰も分かってくれない」という点、ではないでしょうか。見た目は普通ですし、病院に行って一般的な検査を受けたとしても、たいていは正常と診断されるでしょう。もしくは「うつ病」と診断されるか。 副腎...

コメント