【体験談】副腎疲労に効く漢方!エゾウコギを試してみた

この記事は、副腎疲労を感じている30代後半の私が、「エゾウコギ」というサプリメントを飲んでみた体験をお話するものです。

「エゾウコギ(=蝦夷うこぎ)」というサプリ(ハーブ・漢方・サプリメント)は、

「エレウテロ」

「エレウテロコックス」

「シベリアンジンセン」

という名前でも知られているアダプトゲンです。

ちなみにアダプトゲンとは・・・、

アダプトゲンとは、トラウマ、不安、肉体的疲労などのストレスへの抵抗能力を高める働きのある天然のハーブである。

出典:ウィキペディア

この「エゾウコギ」は、1980年のモスクワオリンピックでロシア選手団が使用して好成績を収めたとして一時期話題となりました。

この「エゾウコギ」が、副腎疲労で失われがちな「モチベーションの回復」につながると聞いて「これは私にピッタリかも」と感じて摂取を始めてみました。

1.一般的に知られるエゾウコギの効果

このエゾウコギに対して一般的に知られている効果が私の期待値・基準となります。

エゾウコギの良く知られた効果:

  • 疲労回復効果がある
  • 免疫力を高める効果がある
  • 生活習慣病を予防する効果がある
  • 更年期障害を改善する効果がある
  • ロディオラと併用してる人が多い
  • 耐性がつく

エゾウコギと「β-エンドルフィン」

エゾウコギの効果の中では、「疲労回復や疲労を感じにくくなる効果が顕著」との声が使用者から多く聞かれます。

これは「脳内モルヒネ」とも呼ばれる「β-エンドルフィン」の分泌をエゾウコギが促すためと言われてるようです。

副腎疲労による慢性的な疲労感が、エゾウコギの疲労回復効果によってどれだけ改善するか。

この点が、私のエゾウコギに対する最大の関心ごとでした。

2.いざ!エゾウコギを飲んでみよう

私が今回試したのはオリヒロというメーカーのエゾウコギです。

普段は、有効成分の含有量が多く、価格的にもお得な「海外製のサプリ」を積極的に選んでいますが、このオリヒロのエゾウコギに関しては含有量・価格ともに海外製品に負けない優秀さがありました。

レビューが気になる方はこちらをどうぞ。

⇒ amazonレビュー(オリヒロのエゾウコギ)

今後、エゾウコギの効果を感じられれば、海外のサプリでも試してみるつもりです。

まずは1錠を朝食と一緒に摂ってみると・・・

画像では5錠見えていますが、実際には「1錠のみ」から始めました。

エゾウコギは朝飲むのが効果的だということなので、起床後、朝食と一緒に摂ってみたのでした。

1錠の摂取後、30分くらいしてからでしょうか。

「えっ・・・、これで合ってる・・・?」

頭の奥でズーンと響く、結構な頭痛に襲われました。

私は普段、頭痛を感じることはほぼないので、摂取したエゾウコギが原因であった可能性はかなり高いと思います。

幸いその頭痛は30分くらいで治まりました。その後、以下の様な変化を感じました。

  • 体がぽかぽか温かい
  • 不安感・焦燥感がない
  • 思考がループしない

体が温かいのは血行でしょうか、もしくは自律神経系の作用でしょうか。

要因は分かりませんが、良いことではないでしょうか。

不安感・焦燥感については、意識がいつもより積極的・活動的になっているので「色々とクヨクヨ考えている余裕がない」と言った方がいいでしょうか。

3つ目の「思考がループしない」というのは、久々の感覚でした。

普段私は頭の中で「気になっていること・やらないといけないこと」を延々と考えてしまう癖というか習慣があるのですが、それが止まりました。

2日目以降の摂取

以降、毎朝エゾウコギ1~2錠を摂取しています。

用法だと8~12錠をとってもいいことになっていますが、少量でも十分に効果を感じています。

今後、必要に応じて増やしてみたいと思っています。

普段は、テアニン、アシュワガンダ、ビンポセチンなど他のサプリも飲んでいますが、エゾウコギ単体での効果を知りたかったので、現在他のサプリの摂取は控えています。

(ただし、ベースサプリとして飲んでるDHA・EPA・マルチビタミンは除く)

2日目以降の摂取では、頭痛を感じることはありませんでした。

初日の頭痛は脳内の血行がよくなったことによるものなのか、その他の反応が起こっていたのかは、分かりません。

初日と似ていますが、継続して摂取していると、下記を感じるようになりました。

  • なんとなく外出する気になる(外出が面倒で3か月切らなかった髪を切りにいった)
  • 周りのことをネガティブにとらえることが減った
  • 同じことを考え続けることが減った
  • 気付けば作業に没頭できてることがある(60分くらいですが・・・、進歩です)

3.まとめ

比較的少量の摂取にも関わらず、活動的になって考えがまとまりやすくなっているのは間違いないと感じています。

服用している量が少ないからか効果が劇的かと言われれば、そうではありません。

効き目はごく穏やかです。

初日の頭痛を除けば副作用的なものも感じていません。

効き目は劇的ではないですが、テアニン・ビンポセチンなどの集中系サプリを現在使用を中断中ですが、それら無しでもわりと集中して作業がこなせています。

ベースサプリ(フィッシュオイル・マルチビタミン)にエゾウコギを加えるだけで、ある程度毎日を過ごせているのは、私にとってはすごいことだと最近思えてきました。

このエゾウコギを使い切るくらいあいだ様子を見て「効果の持続性」「耐性がつくのか?」など追記してみたいと思います。

耐性については、使った方の話を見ていると、いずれついてしまうのかなと予想しています。

耐性がつく場合、どのようにすれば、長期的にエゾウコギの効果を感じられるようになるのかも知っておきたいポイントです。

一説には3週間使用の度に1週間中止するが良い?とも言われています。

ある高齢者を対象とした海外の調査では、エゾウコギの摂取によって4週間後には気力の向上などメンタル面での改善が見られたが、8週間後にはその効果が減少した、と報告されています[1]

このまま疲れが回復することを願いながら、今回はこのあたりで失礼します。

スポンサーリンク